インフォメーション

2019 / 10 / 09  19:08

「Apple公式発表」iPhone6s、iPhone6s Plus 電源が入らないトラブル発生!

25264880351_f3dcef90e8.jpg

2019年10月4日、アップルの公式サイト、リペアエクステンションプログラムでiPhone6siPhone6s Plusに突然電源が入らなくなる端末があることが発表されました。

対象端末はiPhone6siPhone6s Plusのシリアル番号を入力すると対象か、対象でないかわかるようになっています。

 

シリアル番号の確認のやりかたは、iPhoneで「設定」-「一般」-「情報」で確認できます。

すでに電源が入らず確認できない場合は、購入時の箱で確認することができます。

 

Appleサポートへ問い合わせる場合は、、、

 

Appleサポートへ問い合わせの際にIMEIの確認をさせられるので、あらかじめSIMトレイを外しておくと問い合わせもスムーズにおこなうことができます。

iMEISIMトレイに印刷されています。)

 

電源が入らなくなった実例ですが、iPhonesを使用中、端末が熱くなりそのまま使用中に電源が切れ充電しても起動できなくなるといったということです。

 

バッテリーは通常3,8vの電圧を出力していますが、起動できなくなったバッテリーの出力はovです。

 

この状態で電源が入らなくなって一番困ることはデータのバックアップです。こまめにバックアップをとっている人は問題ないでしょうが、いつバックアップをとったかわからないという人はiCloud.comで確認できます。

端末はiOSの端末を家族、お友達にiPhone、又はiPadMacを借りてアクセスしてみてください。

 

ここで、全くバックアップをとっていないというあなたは充電されたバッテリーに交換することでバックアップすることができるかもしません。

 

ただし、充電しても放電のほうが多くiPhone単体での充電は難しい状態です。バッテリーを使い切ってしまえばもとの電源の入らないiPhone6siPhone6s Plusに戻ってしまいます。

 

あくまでiPhoneが起動できればバックアップをとることができます。ただしそのiPhoneでは充電は蓄電されていきません。あくまで当店でおこなった実例ですが、これは必ず起動できる保証はありません。

 

いま実際に困っている方は、近所の修理店へ相談してみてください。

対象端末は2018 年 10 月から 2019 年 8 月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にあるデバイスのみです。

 

 

Apple公式発表」は Apple リペアエクステンションプログラム でご確認ください。

 

 

2019 / 09 / 20  17:57

iPhone6 iPhone6Plus iPhone5sはもう使えない?

25264880351_f3dcef90e8.jpg

iOS13がリリースされましたね。

ここで本来ならiOS13の使用感をお話しするところですが、現状まだまだiPhone6iPhone6PlusiPhone5sをお使いの方も大勢いると思いますで、じゃあどうしたらいいかというお話をしたいと思います。

 

 

iOS13へアップデートできない。」

 

じゃあ、もう今まで使ってきたiPhoneは使えないの?

 

いいえ大丈夫です、使えますよ。

 

じゃあ、いつまで・・・

 

アプリをインストールするときに、「現在のiOSのバージョンでは使用できません。」と丁寧にお断りされるまでです。

 

iOSは無理でもアプリは古いバージョンまでサポートしてくれるので結構ながく使えてしまいます。

それほど心配はないと思います。

 

あとアプリに不具合が出ない限りバージョンアップは極力しない方がいいです。

 

理由は、アプリ自体のバグでかかるアップデートと新しいiOSに対するアップデートでバグ修正が入るものがほとんどだからです。あとはアプリの機能アップやデザイン変更です。

 

 

「今、最新のiOSと、最新のアプリをアップデートしたらアップデートをやめてしまう。」

 

今やっておくことは、、、

 

iPhone6iPhone6PlusiPhone5sをお使いの方は最終バージョンのiOS12.4.1へアップデートしてから、アプリのバージョンも最新のもにアップデートしてください。

 

これでしばらくは使えますし、通常であれば、いきなり悲劇が起こることはありません。

 

iOSのアップデートができないとセキュリティーに問題がと思うかもしれませんが、それは最新のiOSと比べればそうかもしれません。

 

急いでショップへいって買い換えるほどの緊急性はないということです。

 

今回のアップデートで自分のiPhoneはアップデートできないことに初めて気づいた人もいるかもしれません。

 

大丈夫です。

 

まだしばらくは普通に使えます。でも、買い換えようかなと思うなら、ショップへ行けば新しいのからちょっと前のモデルまで販売しています

今発売されているiPhoneから自分にあったiPhoneを選びましょう。

 

でも月々の支払いが増えるのも困るという方は、いっそ格安SIMへきりかえて、SIMフリーiPhoneを選んでもいいと思います。

 

アップルストアではiPhone8 iPhone8Plus iPhoneXRも安く売っています。

 

午前中に注文すれば次の日にはお手元に届きます。

 

いそがなくても大丈夫です。iPhoneのお引越しの準備をゆっくり始めましょう。

 

以下のリンクからアップルストアでいろいろみてみましょう。

Apple

 

2019 / 09 / 19  19:43

iPhone11Proの4K動画:東京ストリー

25264880351_f3dcef90e8.jpg

iPhone11Pro4K動画を確認。

確かにカメラはすごいかもしれない。

あなたはこの動画をみて買い替えますか?

僕はいいと思います。

 

このデザインはアメリカ人は結構好きみたいですね。

そうゆうコメントが目立つ反面、iPhone8で十分という意見もあります

あなたはどう思いますか?

 

 以下のリンクからご覧になれます

iPhone 11 Pro Cinematic 4k: Tokyo

2019 / 09 / 09  13:13

2019.9.11、AppleがYoutubeで「iPhone11」のイベントをライブストリーミングする。

25264880351_f3dcef90e8.jpg

Appleは日本時間の、9月11日の2時からYoutubeiPhone XRの後継機にあたるiPhone11iPhone XSXSMaxの後継機にあたるiPhoneProを発表します。

 

iPhone116.1インチ、iPhone11Pro5.8インチと6.5インチの前回どうようの3モデルを発表するようです。

正確にはライブストリーミングで確認できますが、このの時期での情報はほぼ正しいでしょう。

 

また、今回YoutubeでのライブストリーミングはAppleとしては初の試みです。多分、理由としては幅広い年齢層にアピールするためだと思いますが、競合端末を作るGoogleのサービスを使うことは意外でした。

 

今回、漏れ出てきたiPhone11のアップグレードにはやはりアウトカメラの変更のようです。メインカメラと2倍の望遠レンズを備えたデュアルカメラです。

iPhone11Proのアップグレードもメインカメラと2倍の望遠レンズにくわえ、超広角レンズを追加したトリプルカメラです。

 

iPhone以外にも、Apple Watchなどの新商品の発表もあるようです。

 

 

興味のある方は以下のリンクからどうぞ!

 

9月19日現在、配信限定ですがご覧になれます。 

Apple Special Event Watch Live on Youtube

2019 / 08 / 09  19:31

ファーウェイがAndroidにかわる、HarmonyOSを発表!

25264880351_f3dcef90e8.jpg

このたび発表されたHarmonyOSはスマートフォンだけでなく、タブレット、パソコンに搭載できるファーウェイ独自のOSになるようです。

 

完成品の画像表示はありませんが、Androidどうようにオープンソースでファーウェイいがいにも提供していくようです。

アメリカの制裁で苦戦していると思っていましたが、さすが世界第2位のスマートフォンブランドだけあってそうたやすくはアメリカに屈しないということでしょう。

 

細かな仕様や、アプリには言及されていませんが、Honorシリーズに搭載されるようです

詳細が分かり次第、追加情報お知らせします。

 

 

1